HOME
>
技術情報・設備
技術情報・設備

生産ラインのご紹介

朝は毎日作業スタッフ全員の健康をチェック
毎朝作業ルームへの入室前にスタッフ全員の健康状態と衛生状況のチェックを実施しています。風邪などをひいているスタッフはその日の作業ルームへの入室を認めません。 

 

原料倉庫の様子
用途に応じた素材やカラーに対応できるように、倉庫には常時様々な原料が揃っています。 

 

作業ルーム内の風景

原料を最新の機械にセットし、エンボス手袋を製造している風景です。

工場スタッフは衛生管理が行き届いた作業ルーム内で、全員帽子と手袋を着用して異物の混入を防いでいます。 

エンボス手袋の製造過程で発生する余ったフィルムについては、捨てずに回収して弊社独自の技術によって再生利用します。

⇒ これにより弊社では環境への配慮とコスト削減の両立を実現しています。

作業ルーム内を常に一定の温度と湿度に保つことで、品質の均一化を図っています。

完成した製品にはコンピュータによって、どの作業員がいつ製造したのかをバーコードラベルに記録し、梱包箱に貼り付けます。
これにより万が一製品に不備が発見された場合に迅速なリコール対応を行わせて頂きます。

 

出荷先データベースへの登録
製品をお客様に出荷する際には製造ロット番号をバーコードを専用端末でスキャンし、どのお客様に出荷したのかをコンピュータに記録します。 

 

トラックで出荷
トラックに積み込み出荷作業が完了となります。